賃貸オフィスの特徴【長期のビジネス拠点として設計されている】

無駄に損をしないために

複数の人

冷静に判断をする

居抜き物件を売却する場合、できるだけ高い値段でと考える人は多いでしょう。ところが冷静になって判断をしておかないと、売却価格が下がってしまうことも少なくありません。やってしまいがちなのが、壁も床も電気配線までもむき出しになった状態で購入した居抜き物件を、すべてリフォームしたオーナーさんが売却します。ところがなかなか買い手が見つからず苦労したというのは、決して珍しい話ではないです。しかも売却価格よりも、リフォームで使った費用の方が高くついたといった事例もあるのです。実は居抜き物件の購入を検討するのは、同業者である場合が多いです。まして店内のすべてをリフォームしているため、別の職種を選ぶ場合は再び何かしらの手を加える必要があり、その費用と手間を考えると見送られてしまいます。そして一番のネックとなるのは、その居抜き物件は一度閉店に追い込まれているということです。年齢を重ねての引退であればまだ良いのですが、売り上げが伸びずにやむを得なく辞めるとなると、同じ職種をその場所で行ってもうまくいくかと不安になります。すると売却価格が高い状態だと手が出しにくく、下げざるを得なくなるわけです。もしも居抜きを手放すと決めたのなら、まずはそのままの状態で不動産会社に相談してみましょう。下手に手を加えない方が、買い手の幅も広がる可能性が高いです。どうしてもリフォームをするなら、売却価格はいくらになるのかを調べてからにしておくと、損をしなくてすむかもしれません。

Copyright© 2018 賃貸オフィスの特徴【長期のビジネス拠点として設計されている】 All Rights Reserved.